読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪でベンチャーやってます

ベンチャー/スタートアップ(と時々趣味)に関する記事を書くブログ

サービス紹介動画を自作して気づいた7つのこと

f:id:ktadaki:20160118220039j:plain


WikiPlan』を開始するにあたって、短い時間でWikiPlanがどんなサービスかを伝えるために、サービス紹介動画を自作した。


www.youtube.com


これが結構大変、だったのだけれど、少し時間をかければ、沢山お金を出して外注しなくても何とかなった。 動画制作ソフトを駆使して、キネティック・タイポグラフィ(文字のアニメーション)を多用することで、イラスト・アニメーションの素人でも、何とか動くものが出来た。


制作会社に頼むお金が無いけれど、サービス紹介動画が欲しい、という人は参考にしてほしい。


【目次】

1.使うのはAfter EffectsとIllustrator


After Effects CS6



「高いよ」という声はありそうだが。どのソフトも無料試用期間があるので、そのあいだに作ってしまう手もある。


Adobeのソフトはそれぞれが密に連携する。


Illustratorで絵を描いて、それをAfter Effectsに埋め込む。少し絵を修正したいと思ったら、Illustratorファイルを修正すれば、そのままAfter Effectsに反映される。何度も絵を書き出す必要はない。この便利さったらない。


Illustratorはもちろん、After Effectsも、膨大な量の機能が備わっているので、使い方を覚えるのは大変だ。


教本も購入してみたが、ネット検索のほうを多用することになる。


After Effectsについては、操作方法を説明する動画がYoutubeにたくさん上がっているので、すごく参考になる。

2.動きは移動、スケール、回転だけ


f:id:ktadaki:20160122095119j:plain


絵を描く。テキストを打ち込む。それらを配置して、動かす。


左右上下に移動させる、飛び出すように大きくする、くるくる回転させる。移動、スケール、回転の動きの組み合わせだけで、とにかく動画になる。


2Dのアニメーションだと、カメラという考え方は無くて、カメラのパン・チルトも、フレーム内のオブジェクトに色々な動きをさせて、実現する。


例えば、プロのクリエイターが作った以下のような作品も、よく見ると移動、スケール、回転しているだけだ。コマ撮り用の静止画をたくさん書いているわけじゃない。



Live and enjoy Brazil with Evernote! from rulascalaca on Vimeo.


3.何かが動いていないと退屈だ


f:id:ktadaki:20160122100502j:plain


とにかく何かを動かすこと。一枚絵的に何かを見せたい時も、上下にじんわり移動させてみたり、点滅させてみたり。


そうじゃないと、見ていて退屈に思ってしまう。


カットの中で、何か一つを必ず動かす。逆に、何かが動いていれば、それで動画になる。


例えば、ボカロのPVで綺麗な一枚絵があって、それが少しだけ動いているというのを見るが、画像が静止しているよりも、ずっといい。


www.youtube.com


4.カッコいい動きは、ドラッグ&ドロップするだけ


f:id:ktadaki:20160122102217j:plain


文字が飛んだり跳ねたりちぎれたり。色々なスタイリッシュなアニメーションが、After Effectsにテンプレートエフェクトとして備わっている。


そのエフェクトを動かしたいオブジェクトにドラッグ&ドロップするだけで、カッコよく動く。


エフェクトの量は膨大で、実際に適用してみないとどんな動きかが分からない。("Flip Flap"効果って言われても、文字だけでは良く分からない)


なので、Youtubeで"After Effects Text"なんて検索すると、サンプルがたくさん出てくるので、そこからいい感じのエフェクトを探せばいい。


5.それっぽい動きは、コピペするだけ


f:id:ktadaki:20160122105020j:plain


エクスプレッションという機能があって、一定の動きを"コード"を書いて制御するというものだ。筆者が作った動画でいうと、地球の周りをまわる紙飛行機の円運動の制御と、カップラーメンの湯気を表現するのに、エクスプレッションを使った。


物理演算的な動きなど、極めれば、エクスプレッションは奥が深いが、複雑ではないアニメーションを作るのであれば、教本に紹介されているエクスプレッションのコードをコピペするだけで、うまく動く。地球の周りをまわるという円運動は、細かく設定すれば"移動"の動きだけで実現できるが、エクスプレッションを使うほうが遥かに楽だ。

6.BGM、音が全てをカバーする


www.nash.jp


とにかくBGM、効果音といった音は大事。音があれば、様々な雰囲気を演出できる。


筆者は上述の『Free Use Music』のBGMを買った。購入した金額のみで、使用料はかからない。商用利用もOKだ。


真面目な印象も、温かみのある印象も、元気な印象も、BGMで決まる。


素敵なBGMさえあれば、文字だけでもなんとかなる。

7.ナレーションは…


f:id:ktadaki:20160122110449j:plain


筆者は、ナレーションも自分でやろうと思い、わざわざスタジオでレコーディングしてきた。台本を書いて、練習して、頭から最後まで、一発撮りした。


でも、やっぱり何か違う。声がこもって聞こえるし、滑舌も微妙だ。


プロのナレーションとは聞きやすさが全然違う。


声優ラジオをたくさん聞いていても、自分の声は声優みたいにはならんのである。


なので、これはナレーションをお願いするか、文字だけで表現するほうが無難だと思う。



※※※



動画は作るのが大変そうだな、と思ってしまうが、想像しているよりも難しくない。


新しくサービス紹介動画を考えている人は、是非、自作してみてほしい。


最後に、筆者が最も参考にしたのは、Bitcoinの紹介動画と、ボカロ曲の『裏表ラバーズ』のPVだ。前者は動画の構成がうまくて参考になるし、後者は単純なオブジェクトをどうやって動かせばそれっぽい仕上がりになるかが大いに参考になった。



WikiPlan ~ITサービスでもつかえるクラウドファンディング、できました~

f:id:ktadaki:20160118211338j:plain


超低額クラウドファンディングサービス『WikiPlan』のベータ版を開始した。


時間が無い人は、1分で終わるので、動画だけでも観てほしい。


www.youtube.com


以下、WikiPlanがどんなサービスかを詳しく説明したい。

【目次】

今までのクラウドファンディングは面倒だ


新しいビジネスを始めたい、新しいイベントを開催したい、そんな起業家が資金を調達をするためにクラウドファンディングを使う機会が増えてきた。


f:id:ktadaki:20160118220039j:plain


素晴らしいプラン(言い換えるとアイデア、計画)と、素晴らしいチームはあるけれど、資金が無い。投資や借入の当ても無い。


そんな時に、クラウドファンディングサイトにプランを投稿すれば、一般の人達が資金を提供してくれる。


海外だとKickstarterやIndiegogo、日本だとREADYFORやCAMPFIREやMakuake。クラウドファンディングサイトはたくさんある。


でも、クラウドファンディングに投稿するのは面倒だ。


もう出来上がっているじゃんみたいな製品の写真を用意したり、出資金額に応じて何種類もの見返りを用意したり、写真と動画が盛りだくさんの紹介ページを作らなくちゃならない。出資がなくてもなんとかなるんじゃない?みたいなプランばかりがサイトに掲載されている。


f:id:ktadaki:20160118220346j:plain


素晴らしいプランがある、素晴らしいチームもある、でも、ビジネスを実現するための一歩を踏み出せない。製品はまだできていないし、たくさんの見返りも用意できないし、豪華なプロジェクトの紹介ページも作れないけれど、プランに共感してくれる人を集めたい


そんな起業家のために、もっと手軽で、もっとシンプルなクラウドファンディングってできないだろうか。


目指したのは究極的なシンプルさ


WikiPlanは、あらゆる起業家に向けた、究極的にシンプルなクラウドファンディングサービス。


起業家が用意するのは、

  • 事業計画書のスライドまたは事業を説明する動画
  • 事業を説明する一枚絵的な画像
  • 会社・サービスのロゴ画像


たったこれだけ。


f:id:ktadaki:20160118220532j:plain


起業家は素晴らしいプランだけ準備できていればいい。それだけで、資金調達という、事業を始める第一歩を踏み出せる。


例えば、ITサービスを始めようという起業家に是非使ってほしい。今までは、彼・彼女らに、クラウドファンディングを使うという選択肢はなかった。なぜなら、サービスもアプリもまだできていないし、見返りを用意できないからだ。


でも、ベンチャー企業の大半はITサービスをやっている。


GoogleもFacebookもAmazonもAirbnbも楽天もGunosyもはてなも、今までのクラウドファンディングでは資金調達をできなかった。


WikiPlanなら、大丈夫。


出資金は500円、見返りはシール


プランもチームも素晴らしいが、まだ計画書しかない企業にたくさんのお金を出資してもらうのは、やっぱり難しい。


だから、ユーザーが1つのプランに出資するの一律500円。それ以上出資することはできない。


f:id:ktadaki:20160118220651j:plain


WikiPlanは、もちろん資金を集める場所ではあるけれど、それ以上に、プランに共感してくれる人を集める場所だ。一人や二人といった個人からたくさん出資してくもらうのではなく、何十、何百といった個人から少しづつ出資してもらってほしい。


お金と権力を持った一人の個人に太鼓判を押してもらうより、多くの(見込み)ユーザーに"ウケる"ことのほうが、起業家にとっては、かけがえのない実績のはずだ。


そして、出資の見返りはシール。これはWikiPlanの運営が用意する。


f:id:ktadaki:20160118221009j:plain


ユーザーは、受け取ったシールを色々な場所に貼って、企業への応援の気持ちを形にしてほしい。


シールは、企業への共感の証であり、出資した企業が大きく成長した時には、自慢の種になる。


あらゆる起業家が最初に訪れる場所へ


WikiPlanはあらゆる起業家にひらかれている。新しいマーケットプレイスを始めたい、新しい福祉事業を始めたい、新しいメディアを始めたい、そんな人たちに使ってほしい。


起業する時には、まず、WikiPlanへ。


WikiPlanには、素晴らしいプランを見つけて応援したり、似たようなプランを考えているパートナーを見つけたり、500円以上の大きな投資可能性のある企業に声をかけたり、起業に関する様々な出会いがある。


現在進行形で起業に関わっている人も、今まで起業なんて興味が無かった人も、おもしろいプランを見つけて、500円を出資して、ロゴのシールをもらって、パソコンとか、ノートとか、車とか、自分のお店の壁とか、色んな場所に貼って、始まったばかりの企業を応援する、という仕組みが広まれば、起業が、延いてはあらゆるビジネスが、最高にギークで、最高に楽しい場所になるはずだ。


f:id:ktadaki:20160118221111j:plain


以上、長々とお読み頂きありがとうございました。


興味を持っていただけたら、ぜひ、WikiPlanを使ってみてください。

点が繋がる (Connecting the Dots) と信じる

dotsflic.kr photo by Josh Evnin


YoutubeでAndroidアプリを開発する動画を始めた。


www.youtube.com


"アプリがどんな風に出来上がっていくのか"、その過程を動画で説明したら面白いと思ったのだ。


Androidアプリを開発するための教本を買い、ひたすら勉強している。そもそもJavaの知識が怪しいのに、Androidのアーキテクチャーに全然慣れなくて、四苦八苦だ。


振り返れば、昨年に会社を立ち上げてから、色々なことに手を出してきた。


ベンチャービジネス、デザイン、プログラミング、動画編集、人工知能。


アドビのソフトも、統合開発環境も、会計ソフトも、使用するアプリケーションは、どれも触れたことのないものばかりだった。会社に勤めている時はオフィスしか使わなかった。


だから、リズムがつかめない。"どこをどう操作すれば思い通りの結果になるのか"が頭に入っていないので、単純なステップで躓き、めげそうになる。


そもそも、色々な分野に手を出し過ぎて、本当に自分の望む方向に向かっているのかが、分からなくなる。


一つも楽器をひけないのに、一人でオーケストラの曲を演奏しているみたいだ。


開発も、デザインも、経営も、全部ができるようになんて、なるわけないやん? 買った本も、詰め込んだ知識も、身についた技術も、棚の奥で埃をかぶってしまうんと違う?


でも、そうじゃないと信じたい。


買った本も、詰め込んだ知識も、身につけた技術も、無駄になることは無い。今すぐに役に立つかと言われれば、良く分からないけれど、いつかどこかのタイミングで、成果に繋がるはずだ。


"点を繋げる (Connecting the Dots) "と言うのは簡単だけれど、それを信じ抜くことは難しい。今すぐに役に立たないことに取り組み、それが徒労に終わってしまう恐怖は計り知れない。


それでも、今築いている点が、遠くにある点に繋がって、豊かな知識と技術のネットワークが出来上がると、信じ抜く。


後から振り返った時に、


「こんなことになるんだったら、もっと前に始めておけばよかった」


と思わないように。


いつかの舞台で、バイオリンの、チェロの、クラリネットの、あらゆる楽器の知識と経験が繋がって、素晴らしい演奏ができるように。